K-POPの新星・NCT中国ユニット威神V(Way V)デビュー!メンバーを紹介

人気上昇中グループNCTから、2019年新ユニット「威神V(WayV)」がデビュー!

中国に拠点を置くこちらの新ユニットは、NCTの既存メンバー4名、新メンバー3名で構成されています。

ビジュアル最強と言われる彼らのプロフィールをご紹介します!

K-POPアイドルNCTから中国ユニット威神Vがデビュー!

メンバーを固定しないユニット活動と実験的な音楽で次世代を担うK-POPアイドルグループ・NCTから2019年1月、新しいユニットが誕生しました!

それが、7人組ユニット「威神V」。

ソウルから世界へ音楽を発信することを目指すNCT 127などとは違い、
中国を拠点として活動するグループです。

威神Vはデビュー前から、その驚異的なルックスがK-POPファンのあいだで噂になっているんです。

威神Vには韓国人メンバーがいない

威神Vは、韓国最大手芸能事務所・SMエンターテイメントに所属するNCT内のグループとしてデビューしましたが、
メンバー7人のうち、韓国人は一人もいないのです。

威神Vメンバーのうち6人は、中国や香港の出身、中国系ドイツ人など、中華系です。

SMエンターテイメントの先輩アイドルでは、SUPER JUNIORに1名、EXOに4名の中国人メンバーがいましたが、
韓国人メンバーが一人もいないというのは、事務所史上初めてのことです。

次から、威神Vのメンバーを一人ひとりチェックしていきましょう!

威神Vメンバー:クン

  • 本名:钱锟(クン・クン)
  • 国籍:中国福建省
  • 誕生日:1996年1月1日
  • NCT加入:2018年2月
  • あだ名:クンゴ(中国語で「クンお兄さん」)、クンゴコムドゥリ(韓国語で「くまのプーさん」)、シャオタン(中国語で「元旦」)

まずご紹介するのは、威神Vのリーダー、クンさんです。

クンさんが初めてNCTの活動に参加したのは、2016年のNCT Uの2枚目のシングル「WITHOUT YOU」の中国語版です。

同年の中国のイベントにも参加し、歌を披露しています。

こちらが、出演した中国でのイベント「TOP CHINESE MUSIC AWARD」の映像です。

黒髪・白いキャップをかぶっているのがクンさんですね。

その後しばらく表での活動をしておらず、脱退の噂もありました。

ところが、その後2018年2月にNCTへの正式加入が発表されました。

癒し系の性格に加え、料理が得意なことから、「NCTのオンマ(お母さん)」と呼ばれているそうです。

威神Vでは、個性的でテンションの高いメンバーたちをまとめています。

NCT Uとして、ダンスなしのボーカルのみの曲「WITHOUT YOU」の中国語バージョンに参加したように、

ボーカルが得意なメンバーです。

威神Vメンバー:ウィンウィン

  • 本名:董思成(ドン・スーチョン)
  • 出身地:中国 浙江省
  • 誕生日:1997年10月28日
  • NCT加入:2016年(NCT 127デビュー時)
  • あだ名:ウィン子、ウィン子たま

威神Vのメンバー、2人目はウィンウィンさん!

ウィンウィンは、NCT 127のメンバーとしてデビュー時から活動していました。
また、NCT Uとして、代表曲のひとつ「BOSS」にも参加しています。

愛らしい顔立ちとふわふわした雰囲気を持つ可愛いキャラクターで、NCTメンバーからも愛されています。

そんな可愛らしさの一方で、中国舞踊の達人でもあるんです。

・中国舞踏の最高峰・北京舞踏学院で中高時代を過ごす
・北京舞踊学院では6年間主席
・中国第一舞踊試験で1位獲得

まさに、舞踊のエリートなんです。

さらに、中国三大演劇大学・中央喜劇学園の演劇映画演技を倍率194倍のなか合格するという、演技の才能もあるメンバーなんです。

NCT 127での活動時は歌のパートが少ない、ダンスも目立たないポジションが多く、
ファンからは不満が出ていましたが、威神Vでは本国の中国での活躍に期待したいですね!

威神Vメンバー:テン

  • 本名:เตนล์ชิตพลลี้ชัยพรกุล(チッタポンリチャイヤボンクル)
  • 出身地:タイ・バンコク
  • 誕生日:1996年2月27日
  • NCT加入:2016年(NCTデビュー時)
  • あだ名:テンちゃん

次にご紹介するのは、威神Vのなかで唯一中国人ではないメンバー、テンさんです。

タイ出身のテンさんは、タイ語・英語・韓国語がペラペラで、
中国語もメンバーに教わりながらどんどん上達させています。

テンさんは、NCTのデビュー時からのメンバーですが、
NCT 127やNCT DREAMには加入していませんでした。

そのかわり、所属事務所・SMエンターテイメントのプロジェクト「SM STATION」ではソロ楽曲を2つ発売するなど、脚光を浴びていたメンバーです。

そんなテンさんの強みは、なんといってもダンス!

NCTメンバー全員が集まったユニット「NCT 2018」の楽曲「Black on Black」ではソロのダンスパートを持っています。

ダンスが得意なメンバーも多いNCTでも、随一のダンススキルを持っており、メンバーからも一目置かれる存在です。

ファッションや言葉選び、そして踊り方から、感性的なメンバーと言われています。

一方、性格は天真爛漫で、可愛らしい性格も魅力なんです!

威神Vメンバー:ルーカス

  • 本名:黄旭熙(ウォン・シューシー)
  • 出身地:香港(香港とタイのハーフ)
  • 誕生日:1999年1月25日
  • NCT加入:2018年(NCT Uの「BOSS」でデビュー)
  • あだ名:ユッケイ(本名、旭熙の韓国語読み)

イケメン揃いの威神Vのなかでも、はっきりとした顔立ちと185mの高い身長で一際目立つのがルーカスさんです。

NCT 127に加入したジョンウさんと共にNCTに加入しました。

モデルのような顔とスタイルを持つルーカスさんですが、
なんと3枚の写真だけでSMエンターテイメントのオーディションに合格したという驚きのエピソードがあるんです。

抜群のルックスでSMルーキーズ(SMエンターテイメントの公開練習性)時代から注目を集め、

NCT Uの代表曲「BOSS」メンバーに入りました。

また、ルーカスさんはデビューしたての新人アイドルながら、明るく大胆なキャラクターを生かしてバラエティ番組でも活躍しているんです。

超ハイテンションなキャラクターで、英語や韓国語、中国語などが混じった喋り方は「ルーカス語」とも言われています。

NCTや威神Vでは、ラップを担当しています。

威神Vメンバー:ヤンヤン

  • 本名:刘扬扬(リュウ・ヤンヤン)
  • 出身:台湾 (中国系ドイツ人)
  • 誕生日:2000年10月10日
  • NCT加入:2019年

以下の3人は、威神Vのデビューと同時にNCTに加入した新メンバーです。

まずご紹介するヤンヤンさんは、威神Vのなかではマンネ(最年少)で、

NCTのファンからも「可愛い!」との声が多数です。

また、中国でも既に人気で、「ママ、応援してるよ!」など、自分を「ママ」と呼ぶファンが続出しているようです。

確かに、天真爛漫な雰囲気と少年らしい顔、華奢なスタイルには、母性本能がくすぐられそうですよね!

また、威神Vメンバーのウィンウィンさんからも面白いと言われるように、グループ内では明るいキャラクターなようです。

最年少ながら頭の回転が速く、トークでも目立ちそうです。

また、ドイツ出身でドイツ語がペラペラで、

さらに英語・韓国語・スペイン語を話すことができ、中国語と合わせてなんと5ヶ国語を操ることができるんです。

テンさん、ルーカスさん、そしてヤンヤンさんと、

威神Vは語学に強いメンバーがとっても多いんです!

威神Vメンバー:シャオジュン

  • 本名:肖德俊
  • 国籍:中国、広東省
  • 誕生日:1999年8月8日
  • NCT加入:2019年

新メンバー2人目はシャオジュンさんです。

くっきりとした彫刻のような顔立ちですね。

シャオジュンさんは歌が得意なメンバーで、高校生のとき、

SMエンターテイメント入社前から中国で歌手活動をしていたようです。

また、ウィンウィンさんが通っていた中央戯劇学院・北京電影学院に並ぶ中国の演劇最高学府、

上海戯劇学院に合格していたという、演技の才能もあるメンバーです。

シャオジュンさんはボーカルメンバーで、
威神Vのデビュー曲でもかなり多くのパートを歌っています。

透き通るような高音が特徴的です。

また、シャオジュンさんはかなり詩的で不思議なキャラクターなようです。

威神VのSNS上で、メンバーが他のメンバーを観察「研究ノート」という企画があったのですが、

そこでハイテンションキャラ・ルーカスさんがついて行けないほどの名言を残していったと話題になりました。

威神Vメンバー:ヘンドリー

  • 本名:黄冠亨 (ホアン・グァンヘン)
  • 出身:中国、マカオ
  • 誕生日:1999年9月28日
  • NCT加入:2019年
  • あだ名:きゅうり、ロバ

威神Vのなかでも王子様系の整った顔立ちなのが、ヘンドリーさんです。

大人っぽい落ち着いたルックスですが、4人兄弟の末っ子、お姉さまが3人いるということで、
仕草が女の子らしいとファンのあいだで噂です。

テンさんが作った研究ノートでは、好きな色はピンク、トレーニングのとき

女の子らしい雰囲気ですが、威神Vではラップを担当するようです。

3件のピンバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です