テン(NCT)のピアスがおしゃれ!威神V(WayV)で外す理由は中国の規制?

NCTのテンが威神V(WayV)でデビュー!

音楽性の高さや圧倒的ビジュアルの良さで人気上昇中の次世代K-POPアイドルグループ・NCTから、
2019年新たなユニットが生まれました!

それが、威神V。
ほとんどのメンバーが中華系で、中国を中心に活動していく予定です。

テンのプロフィール

  • 本名:เตนล์ชิตพลลี้ชัยพรกุล(チッタポンリチャイヤボンクル)
  • 出身地:タイ・バンコク
  • 誕生日:1996年2月27日
  • 身長:170cm
  • NCT加入:2016年(NCTデビュー時)

威神Vは、NCTの既存メンバー4人、新規メンバー3人で構成されていますが、
その1人がテンさんです。

2016年のNCTデビュー当時からのメンバーですが固定ユニットには入っておらず、
NCT Uに参加したり、ソロ曲を発表したりしていました。

ダンスの実力はNCT随一と言われており、NCTメンバー全員が参加した曲「Black on Black」では、
ダンスのソロパートもあります。

感性溢れるパフォーマンスが魅力のテンさんは、私服がおしゃれなことでも有名!

空港などで見られる私服が格好いいとファンからも人気なんです。

NCT・威神V(WayV)のテンのピアス写真がかっこいい!

私服がおしゃれなメンバーとしてもファンから認知されているテンさんですが、
いつもピアスを沢山つけていることでもおなじみです。

テンさんは右耳に6個、左耳に5個穴を開けているようです。

中性的な整った顔立ちにピアスをつけているのが、
「色気があってかっこいい!」と人気なんです。

こちらは空港での私服の写真!

確かに、耳たぶと軟骨に、かなりの数のピアスをつけていますね。

これだけつけていてもイカつい雰囲気なのは、彫刻のように整った顔立ちのおかげでしょう。

こちらは「NCT U」として発表した楽曲「Baby Don’t Stop」のイメージ画像です。

右側がテンさん、左にいるのはNCTのリーダー、テヨンさんです。

シンプルなピアスも似合いますね。

テンさんは黒髪のことも多いです。

シンプルな黒髪ときりっとした顔立ちで優等生らしい姿なのに、
シルバーやブラックのピアスをつけていると、ギャップがあってセクシー!

こちらは少しやんちゃな表情ですが、シルバーのピアスが大人っぽく、かっこいいですね。

確かにこれだけかっこいいと、ファンにピアス姿が人気なのもうなずけますね!

威神V(WayV)でのテンはピアス少なめ?

しかし、威神V(WayV)で活動するテンさんはピアスをほとんどしていないとファンには指摘されています。

こちらは、威神Vとしてテレビに出ているときの写真です。
確かに、全くピアスをつけていません。

こちらはおそらくロケ撮影のときの写真ですが、ピアスをしていませんよね。

テンさんのトレードマークでもあったピアスを外している様子に、
ファンからは残念という反応も出ています。

威神V(WayV)でテンがピアスを外す理由

テンさんがピアスをしていない理由には、中国のテレビの規制があるのではないのか?と言われています。

この規制は、2019年1月16日に中国で報道された、とても新しいものです。

中国版Twitter・微博(ウェイボー)の「青春小説影視劇透社」というアカウントが、
中国の公式機関「国家新聞出版広電総局(広電)」が男性芸能人のテレビ番組でのピアスを禁止する新ルールをつくったという投稿をしたのです。

青春小説影視劇透社というアカウントは、微博で認証されているアカウントで、
フォロワーも300万人以上いるので、かなり影響力があります。

中国の各種メディアもこれを取り上げました。

その後、テレビ局の関係者が広電からの指示はなかったし、そのような細かいルールを出すのも考えにくいと証言しているので、
青春小説影視劇透社の投稿は正確なものではなかったようです。

しかし、2018年に広電からテレビ局に対し、出演するタレントのイメージについての指導があったのは事実なようで、
それにテレビ局が忖度しなのではないか、とそのテレビ局関係者は言っているようです。

中国では中性的な男性に対し嫌悪感を抱く人もいるようで、
口紅やアイライン、ハイトーンな髪色など、女性らしいヘアメイクの男性タレントに対し、
「教育に悪意鏡」「見ていて不愉快」という声もネットに上がっています。

最近は中国でもK-POPの影響で中性的なイメージの男性タレントが増え、議論が起こっているようです。

ただ、テンさん含め威神Vのメンバーは、ミュージックビデオなどではピアスをつけているので、
テレビ以外の場面ではピアス姿を見られることもあるでしょう。

1件のピンバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です